初心者、初級者がゲーム実況で10000人達成するための情報ブログ

howto

お金をかけないでPS4の実況動画を作る方法~録画からYOUTUBEアップロードまで~

更新日:

「PS4のゲームを実況したい・・・けどどうやったらできるかわからない」
そんなあなたのためにあるPS4だけを使ってゲーム実況動画の作成方法を紹介するページです。

この記事に向いている人

・お金をかけないで実況動画を作りたい人

・PCでの編集を考えていない人

・とりあえず動画作成を試してみたい人

この記事に向いていない人

・細かい高度な動画編集をしたい人

・画質の良い動画を作成したい人

今回はPS4だけで実況動画を作りYOUTUBEにアップロードする方法を紹介します

PS4があればPCがなくてもゲーム実況者になれます!

初めてでわからなくても大丈夫です!1から書いていきますので見ながらチャレンジしてみてくださいね!

1.PS4だけでゲーム実況動画を作るメリットデメリット

先ずはメリット、デメリットを確認しましょう!

◆メリット

①PS4とゲームだけあれば実況動画ができる為、お金がかからない。

お金がかからないで実況動画がつくれるという手軽さですね。
とりあえずお試しで実況してみたい!という人に最適です。

②録画ができないゲームや場面を自動ではぶくことができる。

録画が許されないゲームや、場面はを動画サイトにアップロードすることは禁止されています。
「SHARE」機能は自動ではぶいてくれるので便利です。

ただし、ゲームの内容全てが禁止されているものもあります。この場合には録画ができません。

◆デメリット

①細かい編集ができない。

PS4の動画編集ソフト「SHAREfactory(シェアファクトリー)」を使って編集をしますが、
複雑な動画編集はできません。タイムライン(行みたいなもの)も2つまでと制限があります。

ただ、「PCの動画編集ソフト比べると」不自由が多いというだけですね。正直想像していたよりも色々できるので初見の時びっくりしました。
できるだけお金をかけたくない、PS4だけでやりたいという人はやってみる価値は十分にあると思います。

なお、ゆっくり実況もPS4だけでは作ることができません。PCが必要となります。

②画質に制限がある。

PS4の録画機能である「SHARE」で録画できるのは以下画質です。

PS4の場合:720p/30fps
PS4Proの場合:1080p/30fps

現時点(2018/07)では動画の画質、動画の容量など総合的に見て私はゲーム実況動画の最適な画質は1080p/60fpsであると思っています。
しかし、PS4、PS4Proの両方共その基準に達していないため、キャプチャーボードより画質が劣ります。

③サムネイルを変更できない

本記事の目標である「PS4でYOUTUBEにアップロードする方法」ではサムネイルをカスタマイズできません。

理由はPS4のYOUTUBEアプリではその機能がないからです。

 

なお、サムネイルをカスタマイズしたい場合はPC、又はスマホでサムネイルを作成しアップロードする必要があります。

◆メリットデメリットのまとめ

結論から言うと、やはりキャプチャーボードを使って録画して、PCで動画編集ソフトを使って編集する動画にはかないません

しかし、ゲーム実況をはじめたいけどできるだけお金をかけたくない人やとりあえずゲーム実況動画をお試しでやってから今後考えたい人にとっては、PS4さえあれば全て無料でできるのでお勧めの方法です

2.ゲーム実況作成手順

①事前準備をする。

準備1.PS4をネットワークに接続する。

YOUTUBEにアップロードしますので、PS4がインターネットに接続してある必要があります。

インターネットに接続していない場合は接続しましょう。

PS4のインターネット接続方法(LANケーブルを使って接続する)

PS4でオンラインゲームをやったり、YOUTUBEを見たり、コンテンツをダウンロードしたりするにはインターネットと接続する必要があります。 PS4はLANケーブルで接続する有線接続と、無線で接続するw ...

続きを見る

準備2.YOUTUBEアカウント(Googleアカウント)とYOUTUBEチャンネルの開設をする。

準備.YOUTUBEアカウントを取得する。
準備.YOUTUBEのチャンネルを開設する。

PS4でYOUTUBEアカウントとYOUTUBEチャンネルを開設する方法

PlayStation4(以下PS4)で録画した動画を直接YOUTUBEにアップロードしたり、YOUTUBE LIVEで配信できたりします。 これらの機能を使うにはYOUTUBEのアカウントとチャンネ ...

続きを見る

PCでGoogleアカウント取得とYOUTUBEチャンネルを開く方法

YOUTUBEにゲーム実況動画をアップロードするには、GoogleアカウントとYOUTUBEのチャンネルが必要になります。 作成方法はPCやPS4、スマートホンなどがありますが、 このページはPCから ...

続きを見る

スマホでYOUTUBEのアカウント取得とYOUTUBEチャンネルを開設する方法

YOUTUBEにゲーム実況動画をアップロードするには、GoogleアカウントとYOUTUBEのチャンネルが必要になります。 作成方法はPCやPS4、スマートホンなどがありますが、 このページはスマホか ...

続きを見る

準備3.マイク付きイヤホンをコントローラーに付ける。

PS4に付属してあったイヤホンマイクをコントローラーの下部分にあるところに刺します。

※他のミニプラグ(4極)のヘッドセットももちろん使用できますが、ここは付属のイヤホンマイクを紹介しています。

準備4.録画したいゲームを起動します。

さていよいよ録画していきます。

実況したいゲームを起動させてください。

 

②PS4の「SHARE」でゲームを録画する。

録画1.コントローラー(DUAL SHOCK4)の「SHARE」ボタンを素早く2回押します。

 

録画開始した時には画面にマークが出ます。

そのまま実況動画の録画を進めてください。

録画2.録画終了のポイントに来たら、再びコントローラーの「SHARE」ボタンを素早く2回押します。

画面左上に「ビデオクリップを保存しました。」と表示されます。

これでPS4のギャラリー内に保存されました。

③録画されたゲーム動画の確認をする。

この手順は必須事項ではありませんが、動画編集中に問題が発覚すると大きく時間のロスとなりますので私は実施しています。
私の場合は録画された動画の音ズレを確認しつつ、ついでにどのようにカットするかを考えながら確認しています。

PS4の録画では音ズレはないとは思いますので、最後まで撮れているかを確認するくらいで良いと思います。

確認1.PS4のメニュー画面で「キャプチャーギャラリー」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

確認2.録画したゲームのフォルダを選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

(今回の場合はFortniteです。)

確認3.録画した動画を選択し、コントローラーの〇ボタンを押します。

〇ボタンを押すと動画の再生が始まります。

確認4.録画の確認をします。

先ほども書きましたが、動画の音ズレや破損を確認しつつ、ついでにいらない場所のピックアップをすると効率が良いです。

時間がない場合は飛ばしても良いと思います。でも動画が途中で止まっていた場合とかはショックですぜ

④PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」でプロジェクトの準備をする

ここでは文字を入れて文字のアニメーション、色を変える簡単な編集にとどめています。

プロジェクト準備1.「SHAREfactory」を選択してコントローラーの〇ボタンを押して起動します。

プロジェクト準備2.「新プロジェクト」を選択し、コントローラーの〇ボタンを押します。

プロジェクト準備3.テーマを選択してコントローラーの〇ボタンを押して選択します。

今回はPlayStation4のテーマを選んでいます。

テーマは動画に入る前のオープニングやエンディングに使われています。

(このオープニングやエンディングは不要であれば編集時に削除できます。)

プロジェクト準備4.編集に使う動画をコントローラーの〇ボタンを押して使用する動画を選択します。選択が終わったらコントローラーの□を押します。

複数選択可能です。ここで複数選択しない場合でも編集時に追加することができます。

プロジェクト準備5.「プロジェクト名を変更」を選択し、コントローラーの〇ボタンを押します。

プロジェクト名は変更しなくても問題はありませんが、変更したほうがわかりやすいです。
お勧めは「日付_ゲーム名_動画の特徴」みたいに名称だけでどの動画かがわかると迷うことはなくなります。

例:180710_fn_donkatsu ←2018/07/10にFortniteでドン勝した動画

プロジェクト準備6.「続ける」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

さていよいよ動画編集画面が開きます。がんばりましょう!

さていよいよ動画の編集の実践です。

動画に「文字をいれる」、「文字の配置場所を変える」、「文字にアニメーションを付ける」、「文字に装飾をつける」という4つの編集を実施します。

文字と画像だけではわかりにくいので動画(gif)を入れています!少し動作が重くなるかもしれませんが段々スムーズになると思います

⑤PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」で編集(文字入れ)をする。

編集(文字入れ)1.Rスティックでコメントを入れたい箇所に移動させます。

コメントを入れたい箇所にオレンジの線を移動させます。
今回は動画が開始してから14秒たった箇所にテキストを入れます。

編集(文字入れ)2.コントローラーの〇ボタンを押します。押すと追加メニューが表示されますので、「追加オーバーレイ」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

(オーバーレイというのは「重ねる」と言った意味合いです。)

編集(文字入れ)2.左側のメニューの「テキスト」選択してコントローラーの〇ボタンを押してテキストメニューに変更します。
表示されたテキストの大きさから好みの大きさを選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

編集(文字入れ)3.テキストを入れ、終わったら確定(R2ボタン)します。

編集(文字入れ)4.入れたテキストをどのくらいの長さ表示させるかを決めます。表示する長さを決めたらコントローラーの〇ボタンを押します。

継続時間の最小値は「1秒」で最大値は「10秒」です。

編集(文字入れ)5.オーバーレイ編集画面になるので、×を押して編集画面の最初に戻します。

【オーバーレイ編集画面】

コントローラーの×ボタンを押して、最初の編集画面に戻ります。

【最初の編集画面】

※なお、今回は13~18を繰り返してもう1文追加していますが手順から省いています。文字入れを複数する場合には同じ手順で文字入れを行ってください。

⑥PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」で編集(文字の配置変更)をする。

入力したテキストを画面の中央に移動させます。

編集(文字の配置変更)1.移動させたい文字があるトラック(赤枠部分)をオレンジ線がある状態で
コントローラーの□ボタンを押して編集メニューを表示させます。
「編集オーバーレイ」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

編集(文字の配置変更)2.画面の左側にあるテキストリストから移動させたいテキストをコントローラーの十字キーで選択して、
コントローラーの□ボタンを押して編集メニューを開きます。

編集(文字の配置変更)3.コントローラーのRスティックを使ってテキストを移動させ、位置が決まったらコントローラーの〇ボタンを押します。

※なお、19~21を繰り返してもう1文(「始めました!」という文)の移動をしていますが手順から省いています。

⑦PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」で編集(文字にアニメーションを入れる)をする。

テキストに動きのある登場するアニメーションを追加します。

 ※アニメーションを追加するテキストの選択は「編集(文字の配置変更)2」と同じコントローラーの十字キーで選択してください。

編集(文字にアニメーション)1.コントローラーの□ボタンを押して編集メニューを開き、テキストアニメーションを選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

編集(文字にアニメーション)2.アニメーションのタイミングを選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

ビギニングはテキストが表示される時のアニメーション、ミドルは表示中のアニメーション、エンディングはテキストが終わる時のアニメーションです。
今回はビギニングの設定をします。

編集(文字にアニメーション)3.画面左にアニメーションのリストが表示されているので、選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

これでテキストが表示される時に発生するアニメーションが追加されました。
編集モードの最初に戻るため、コントローラーの×ボタンを押して戻ってください。
(続けてアニメーションを付ける場合はそのまま継続してください)

⑧PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」で編集(文字に装飾)をする。

◆テキストに装飾をする。
※装飾を追加するテキストの選択は「編集(文字の配置変更)2」と同じコントローラーの十字キーで選択してください。

編集(文字に装飾)1.コントローラーの□ボタンを押して編集メニューを開き、メニューから「テキスト効果」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

編集(文字に装飾)2.テキストの効果を選択して、決まったらコントローラーの〇ボタンを押します。

これでひとまず編集は完了とします。お疲れ様でした。

次は編集した内容を反映した動画を作成し、アップロードしていきます!

⓽PS4の「SHAREfactory(シェアファクトリー)」で動画を出力する。

動画出力1.画面に赤枠のSHAREがある画面まで戻り、コントローラーの△ボタンを押します。

※下の画面にはコントローラーの×ボタンを押していけば戻ってこれます。

動画出力2.エンコード(レンダリング)が始まります。

終了したら早速YOUTUBEにアップロードしてみましょう!

⓽PS4からYOUTUBEにアップロードをする。

アップロード1.「SHARE」を選択してコントローラーの〇を押します。

アップロード2.「YOUTUBE」を選択してコントローラーの〇ボタンを押します。

★4-30

アップロード3.アップロードする際の情報を確認、及び記入し、全て完了したら「シェアする」を選択しコントローラーの〇ボタンを押します。

・チャンネル
アップロードしたいチャンネルになっているか確認します。

・タイトル
動画を作成する時のプロジェクト名になっています。動画名の変更したい場合は変更しましょう。

・説明
動画の概要欄に書かれる情報となります。

私は動画の説明文、使用しているBGM、TwitterのURLを記載しています。

・プライバシー
動画の閲覧設定です。通常は「公開」です。

「限定公開」はURL経由からしか見ることができません。直接URLを教えたり、TwitterにURL貼ることで限られた人に見せることができます。

「非公開」はアップロードはされますが、自分以外は見ることができない設定となります。URLを人に教えても見ることはできません。

・タグ
動画の検索に関わる設定です。動画に関連があるものについて記載しましょう。

今回、例に使った動画は「fortnite,ゲーム実況」としました。「,」コンマを使って複数指定しています。

・タグ付けするプレーヤー
設定したプレーヤーへリンクが作成されます。特に設定する必要はないと思います。

・PSNの共有範囲
PSN上でシェアされる範囲です。

アップロード4.アップロードされました。

YOUTUBEのチャンネルを確認するとアップロードした動画が確認できます。

 

 

この記事の情報は以上です。

-howto

Copyright© 登録者1万人を目指すゲーム実況のやり方 , 2019 All Rights Reserved.